さかいの日常

わりとどうでもよい内容を書き綴ります

グアム2日目〜ダイビング〜

f:id:chakai06:20150717193131j:image

はい、写真はあたくしではないです。
イメージ図です。

ついに午後から
ダイビングライセンス取得のための
講習がスタートです!

ホテルからダイビングショップまでは
ショップの方が送迎してくれます。

このドライバーさんがいい人で
お喋りするの楽しかったー!


利用したダイビングショップには
日本人スタッフ、日本語対応スタッフがいらっしゃるところでした。

ネイティブレベルに会話可能でない限り講習はなるべく慣れ親しんでいる言語の方が安心して受けられると思います。

私なんて日本語でさえテンパりましたからね。きえ〜

ショップに到着しますと
事前に学科は日本で行ったので
その学科の確認テスト。

間違った問題をインストラクターさんと共に確認して、学科終了。
いざ実習が始まります。

機材のセッティングに始まり
海洋実習をします。

実習内容は
こういった感じです(手を抜く私)

f:id:chakai06:20150717192740j:image


基本的な道具の使い方や、
機材の故障時の対応などを学びます。

 
インストラクターさんは
1人に対し4人までと記載があり、
私以外にも仲間がいるかと思いきや
マンツーマンでした。

手のかかる生徒ゆえ
結果的によかったのですが。笑

現地人に1人旅をいじられるのは
まだしも日本人インストラクターさんから疑問を持たれる、、と

しかも海に携わる系の人って
黒くてイケイケじゃん、、
なんだよこの20歳女子1人
とかってなるやん、、、と

やっとそこで一人の危険性に
気付くのです。

しかし時すでに遅し、

1人な理由聞かれましたよね。えぇ。

相手も気まずい部分あっただろうな
インストラクターさん男性ですからねえ。面目ねえです。
しかしいい人でした。

また、講習中の
アホサカイエピソードとしては
海中から上がった際に
鼻水が出てたくらいでしょうか、

ほらね、水圧的に、陸に上るにつれ
お出でになる訳ですよ。

インストラクターさんに指摘された際は
なかなかの恥ずかしさでしたが、
私は乗り越えました。

鼻水に惑わされないのが大人の女性です

(本当の大人の女性であれば
鼻水の話題にダイレクトに
触れないでしょうな)


そして
初日ダイビングしてみて感じたのは

まずタンク重っっ!
水に入るまでの移動が大変です。

沈むためのウェイトも付けてるので
浮力が働かない場所では余計重い

次に潜るのむっっず!

潜る段階で苦労しました。
才能皆無でした。
そこに緊張が重なり、
なかなか手間をお掛けする生徒でした。

そんなこんなで
初日の手ごたえはZE〜RO〜

海の魚たちを楽しむ余裕なんぞ
一ミリもありませんでした。あちゃー


ちょっとこのままはまずいと思い
寝る前にYouTubeで復習しましたよ

そんときのスクショです。
このおじさんに深く感謝したいです
師匠と呼ばせて下さい。

f:id:chakai06:20150717123710j:image 

帰ってきてからは再び、コンビニで
夕飯&朝ごはん等買っておしまいっ

ちなみにこの日は水曜日でして
チャロモビレッジという
グアム文化に触れられる
ナイトマーケットが行われております。

ショップのドライバーさんにも
案内されたのですが
私は眠気には勝てず断念しました

色々な屋台グルメ、
雑貨があるそうなので楽しそうです

デデドの朝市も行きたかったですが
土曜日は滞在してないぃ、、

どちらも次の機会のお楽しみとします!

波に揺られる感覚とともに就寝!
講習で疲れて我激眠。

明日は講習最終日!
ライセンスGETなるか!
楽しく潜れますように〜